入塾をご検討の方へ– Introduction –

成績があがらない原因は自宅学習

成績があがらない3つの原因

  1. 授業がわからない
    教えてもらってもわからないから、家で解けません。
  2. 塾でわかったつもり
    まだ、わかっていないから、家で解けません。
  3. 自分で解けない
    わかっていても、演習の時にわからなくて解けない。

 

 

授業を受けても成績があがらない

「わかったつもり、家では解けない」

 授業を理解できない子や、理解をしていても解けるようにならない子が多くいます。
真面目にノートを取り、学校で1日5時間以上の授業を受けて「わかって」、成績は上がりましたか?
自宅学習で、「できる」ようにならないと成績は上がりません。

「教えすぎ、言いすぎ」塾指導の限界

「教えすぎは考えない。言いすぎは動かない。」

教えすぎは「教えてもらうからわかる子」に育ち、先生がいない家では「教えてもらえないから」できないになります。
教えないとできない子を週2回の指導で改善することは非常に難しいのが、塾の指導システムの限界です。
教えるだけではなく、「わからない」を自分自身でどうにかする指導をしていく必要があります。

「わからない」を解決できない

「わからない、できない、やりたくない」

「わかっていないのに解いている生徒、答えを写す生徒、答え合わせを間違えている生徒」が非常に多くいます。
勉強方法ができない子は、家で「わからない」がでると嫌になり、勉強をしなくなります。
「わからない」に対しての勉強法を身につけると、子どもは楽しく勉強をします。

自宅学習での問題を全て塾で学習する形を取るシステム

「演習型指導」で自ら学ぶ力を育てる

一人に向き合う教育システム

「教える」だけではなく「自分でできる」までしっかり見守る。

自宅学習を塾が管理することで、考え行動するように育てることを可能にした教育システムを採用しています。
また、一人の生徒の「わからない」に対応することができるため、「できる」まで一人の生徒に時間をかけて育てていきます。

 

 

演習型指導で「管理」×「指導」

家での勉強は、問題の始まり

間違った自宅学習が、「わからない、できない、やりたくない」の原因を引き起こします。
学校教材や宿題を徹底管理、途中式や図を必ず書く指導など勉強方法改善の指導を行っています。

 

 

学びが好きになる 飛躍する学習方法

「わからない」から「やらない」がなくなる

学習が嫌いになる理由は、「わからない」「できない」の状態から「どうしていいかわからない」のまま放置されるからです。
井ノ塾では、一人に対して勉強が嫌にならないように、「どうしたらいいかわからない」にすぐ対応をして、自立教育をすることが可能となりました。

 

 

「考え学び表現する」を日常化

わかるから伝えたくなる

「わからない状態」から、少しずつ調べることや考えることをできるようにしていきます。
わかったことを先生に説明することにより、学習が楽しくなり「自ら学ぶ力」が育っていきます。

 

 

自ら考え動く子に育てる

自分で進める喜び

正しい勉強方法を身につければ、自分一人で進んで学ぶことができ、何年経っても成績を伸ばし続けます。
井ノ塾では正しい勉強方法にこだわることで自分で考え、解決できる力を身につけることを目標にしています。

 

 

10年間で学年1位が103名

勉強法が身につけば、結果はついてくる

少人数制指導を採用しており、成績の飛躍や合格校は自信を持っております。
1人の上位校合格のために、他を犠牲にする指導は行いません。
※1位とは学年、クラス、教科を全て含みます。

 

 

校舎一覧

川原通校

弥富通校