【テスト対策】定期テスト対策を極めろ

勉強をしていたら成績があがる

塾に入れてたら成績があがる

んなこたぁないよという話をしていきたいと思います

自宅での勉強は2種類ある

自宅での勉強には2種類あります

1つ目は、『できないものをできるようにする』

2つ目は、『わかる問題とわからない問題を分ける』

よく勘違いしている人は、『わかる問題とわからない問題を分ける』をしているだけです。定着を意識した方法をしていません。たまたま、分けている時に『できないものをできるようにする』が出来ている人たちです。

1つ目を勉強、2つ目を作業と使い分けている人もいます

ちなみに、『わかる問題とわからない問題を分ける』ためには、【テストと同じ状況で演習をする】をオススメします。詳しくは、『解く前に覚え直さない・調べない』『解いている最中に調べない・答えを見ない』『時間を計って解く』をオススメします。

そのため、今回は、しっかりと分けてテスト対策の話をしていきます

演習が出来ても点が取れない

幸せなことに勉強をして『解ける・わかる』になって幸せですね

しかし、『解ける・わかる』と『点数が取れる』は違います

『点数が取れる』ようになるためには、4つの条件が必要です

1つ目は、『問題を解ける・分かる状態』 さっきの『できないものをできるようにする』ことです
2つ目は、『時間内に答える』
3つ目は、『正確に答えを出す』
4つ目は、『出題する範囲をする』

この4つが合わさって、テストで問題を解けることになります。

よく中学生で多いのは、演習をしているけど成績が伸びないと言っている子ですが、その多くは塾のプリントで多くの量をしていますが、上記のことが出来ていません。特に、学校テストと塾プリントは分野が同じでも、レベルや傾向が違うことは非常に多く起こります。

数学

数学を例に出して対策方法をお伝えします。他の教科も同様の対策になります。

テストの出題傾向

基礎問題・・・学校ワーク・学校教科書・学校プリント

標準問題・・・学校ワーク・学校教科書・学校プリント

実力問題・・・学校ワーク・学校教科書・市販問題集・塾教材

演習する内容

  • 学校ワーク
  • 学校教科書
  • 市販問題集・塾教材
  • 学校プリント

スケジュール

日常・・・・・学校進度に合わせていくこと。貯まればたまるほど、漏れも多くなる。特に学校ワークや

《3週間前》
【学校ワーク】が2周を終えている。
(1周目は学校進度に合わせて『わかる問題とわからない問題を分ける演習』
(2周目は間違えた問題だけを何も見ずに『わかる問題とわからない問題を分ける演習』

【学校教科書】章末問題を1度『わかる問題とわからない問題を分ける演習』をする

《2週間前》
【学校ワーク】の間違えた問題だけを再度定着しているか復習。
(学校の進度が進むたびに、)
【学校教科書】用語の暗記をしよう。
【市販問題集・塾教材】は、余裕があればする。学校ワークの正答率が悪いなら、絶対しない。


《1週間前》
【学校ワーク】を忘れてそうであれば、1から全て復習。大丈夫なら、間違えた問題だけ復習。
【学校教科書】章末問題を『わかる問題とわからない問題を分ける演習』をして、分からない問題は直前にも演習する。
(用語の確認は、直前にもしておくこと)
【市販問題集・塾教材】は、余裕があればする。学校ワークの正答率が悪いなら、絶対しない。

勉強方法

ワーク

ワーク演習は基本、提出だとしても最初はノートに解きましょう。復習することが、難しくなります。もし書き込む場合は、事前にコピーなどをしておくことをオススメします。

1日の流れ

  1. 何も見ずに解く  『わかる問題とわからない問題を分ける演習』
     ※もし、わからなければ、調べながら解く。それでもわからないのであれば、解答を見て解く。
  2. 解いた問題や調べた問題の答え合わせをします。その時に、解答を赤字で書き込むのではなく、○と✗をつけましょう。
  3. 【わからない問題、解答を見た問題】を、調べたり・考えたり・解答を見たりして、【わかる・解ける】にしよう
  4. 【わかる・解ける】になったら、【わからない問題、解答を見た問題、調べた問題】を、何も見ずに再度解き直す
  5. 解けた問題は、定着をしている。解けていない問題は、再度③番目に戻り【わかる・解ける】にしよう

教科書

章末問題を解きましょう

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!