【2023年度入試】~名城高校~ 名城高等学校の塾向け説明会に参加してきました【2022年】 

名城高等学校の塾向け説明会に参加してきました。

20年間愛知県1位の出願数の名城高校の説明会。

超人気校ですが、説明会に興味がある方はぜひ見て頂けたらと思います。

さくら個別指導学院の國立先生もブログを書かれていますので、同じ説明会での違う視点を見て頂けたらと思います。

目次

名城の特徴

2つのクラス

スーパーサイエンスクラスと国際クラスが、名城高校の特徴あるクラスだと思いました。

スーパーサイエンスクラス

スーパーサイエンスは、理科や数学に関する知識を必要として、探究を目指す名城の特徴が出ていました。

国際クラス

国際クラスは、社会課題に対して積極性、英語での交流などを目指す形だと思いました。

今年度からの変更点

学期制

今年度から3学期制から2期制になりました。

テスト期間
6月 中間試験
9月 期末試験
11月 中間試験
2月期末試験

学期制に変更した理由は?

式典が2回減る
定期試験が1回減る
結果として、授業時間が40時間増加して、教科指導の充実、学習支援を手厚く、課題活動が充実するようにした。

UPAS (海外大学進学協定校推薦制度)

今年の4月からアメリカを中心として100校が協定校として参加しているため、成績が優秀であれば推薦をしてもらうことができる。

メリットとしては、一般受験よりは楽に海外大学に進学できる。

  • TOEFLやTELTSの基準が低い
  • 英語力が満たさなくてもいける
  • 英語力が低いのであれば英語コースから始められる
  • 学力試験の受験の必要はない
  • 入学試験はなく書類審査

探究の名城

塾長の井ノ口も以前から気になっていた探究重視の授業取り組み。

その答えもしっかりと答えられていました。

チャレンジ心。視野の広さを与えたい想いから。

  • プレゼンテーションで発信力
  • 調査研究で調べる力、発信力
  • NIE学習
  • フィールドワーク
  • 地域古流
  • 探究活動

結果として、国公立大学の合格実績は年々上がってきているそうです。

愛知県は私立大学もかなり揃っているので、私立大学でもいいや、地元でいいやから世界や県外というかたちですね。

探究Day

探究の内容をクラスなどでごちゃまぜなどの取り組みを始めたそうです。今年から始めたそうで、色々先生や生徒たちが挑戦をしている姿が印象的でした。

受験のスライドは?

受験をする時に気になるスライド合格ですが、名城は面白い形になっていました。

可能なスライドと空きがあればのスライド

特進 → 進学

特進クラスを目指しているが、受験で受からない場合は進学クラスで合格するか検査を受けることができます。これがオーソドックスなスライドです。

特進 → スーパーサイエンス

こちらは、必ずできるわけではないですが、合格後にスーパーサイエンスクラスに空きがあれば、特進で合格した生徒からスライドが可能の場合もあるそうです。

進学 → 国際

こちらは、必ずできるわけではないですが、合格後にこちらも同様に、国際クラスに空きがあれば、進学で合格した生徒からスライドが可能の場合もあるそうです。

注意点

特進 → 国際
特進 → 総合学科
進学 → 総合学科
進学 → スーパーサイエンス
これらはできません

スーパーサイエンスと国際は推薦入学試験と特色入学試験しか受験できません。もし人数が足りなかった場合は、特進からスーパーサイエンス、進学から国際にスライド(?)を任意らしいです。

受験の変更点

一般入試がポートメッセなごやに変更するそうです。

スーパーサイエンススクール 平成18年から現在

スーパーグローバルハイスクール(平成26年~30年度)

ワールドワイドラーニング(令和2年度~)

コース

スーパーサイエンスクラス (40名)

理科や数学に関する知識が必要になり、数学、生物、物理、化学を発展していくクラスです。

SSHの取り組みを非常に取り入れている形です。

特徴

3年間同一クラス・他のクラスへ異動はできない。

進学クラス (288名)

理系科目選択者・文系科目選択者です。

国際クラス (40名)

SGHネットワークやWWLを牽引する。

英語力アップと社会課題に対して力をいれている。

特徴

3年間同一クラス・他のクラスへ異動はできない。

特進クラス (120名)

難関大学・国立大学を目指すクラス。

名城大学への特別推薦はない。土曜日の講習はない。部活動の参加ができる(4割所属)学校の全体は7割程度入ってるそうです。

国公立大学は41%。113名中46名合格。

総合学科 (160名)

9割以上が大学に進学するそうです。総合学科なのにすごいですね。

カリキュラムは、共通履修が1年生、そこから分かれていくそうです。

系列は先生と相談するため、成績で分かれるわけではないそうです。

  • 社会探究系列 問題解決力と発信力。新聞ノートなどを作って探究していく
  • 地域交流系列 地域の人と交流 保育園・幼稚園・介護老人保健施設での交流。
  • ビジネス系列 簿記
  • 数理系列 情報学・理学・工学。工作機械、プログラミングを使う

修学旅行

スーパーサイエンス → タイ

国際クラス → インドネシアのバリ

総合学科 → 台湾

進学クラス、特進クラス → 九州

海外研修 全クラスから募集

オーストラリア研修:夏休みに2週間

台湾研修:夏休みに4泊5日

SSHの取り組み

  • 高大協同
  • 国際化
  • SSHネットワーク
  • 特色ある活動

名城大学特別推薦制度

普通科の説明です。

特進クラスは、名城大学への特別推薦制度はないそうですが、特進クラス理系を対象とした情報工学部・理工学部・薬学部への推薦枠を設けているそうです。

スーパーサイエンスクラス 進学クラス 理系

都市情報学部・情報工学部・理工学部・農学部・薬学部

進学クラス 文系 国際クラス

法学部・経営学部・経済学部・外国語学部・人間学部・都市情報学部

数理系列

都市情報学部・情報工学部・理工学部

社会探究系列・地域交流系列・ビジネス系列

法学部・経営学部・経済学部・外国語学部・人間学部・都市情報学部

説明会後に、、

その後に、伊藤先生と國立先生と飯行かさせて頂きました。どちらの方も本を出版されています

伊藤先生著書

東洋館出版社
¥1,980 (2022/10/20 16:20時点 | Amazon調べ)

國立先生著書

楽天ブックス
¥1,650 (2022/10/20 16:21時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次